ブリッジ編集部Presents
「インドネシアでの就業について」PT. JAC Recruitment Indonesia 日本人ネイティブ部門 長野 綾子 インタビュー
ブリッジ編集部Presents

「インドネシアでの就業について」
PT. JAC Recruitment Indonesia 日本人ネイティブ部門 長野 綾子 インタビュー

ファシリテーター ブリッジ編集部:平野

会社名 PT. JAC Recruitment Indonesia
本社所在地 Head Office 
Menara Cakrawala (Skyline Building), 7th Floor Jl. MH Thamrin, No. 9, Jakarta, 10340 Indonesia 
問い合わせメールアドレス japanese.id@jac-recruitment.com
ホームページURL http://www.jac-recruitment.co.id/index-jp.html

Q:ご回答者様の簡単な自己紹介をお願いします。

長野綾子
インドネシア在住 12年
JAC勤務歴10年 (バンドンにて日本語教師2年)

Q:貴社のサービス内容について教えてください。

転職支援
インドネシアでの10年以上のご紹介実績による企業からの信頼、現地に精通したコンサルタントにおける面談、難しい案件の決定率の高さなど老舗ならではの安定したインドネシアらしいご紹介を心掛けております。

Q:最近のインドネシアの求人トレンドについて教えてください。

駐在案件の現地採用化が最近のトレンド、
ポジションとしては主に経理、マネジメントになります。
年代順では30代を求める企業がもっとも多く、ある程度、業務経験があり即戦力になる方が求められる傾向にあります。アラフォーにとっても働きやすい環境でニーズがあるのも特徴です。
また40代後半、50代でも業界のエキスパート、または駐在経験者であれば仕事がありご紹介実績もあるところではないでしょうか。

Q:インドネシアのビザ発給状況について教えてください。

2014年10月から新政権が誕生し法律遵守に力をいれている、4大卒、3年以上の就業経験、25歳以上と一般的には理解されている
昨今ビザ発給条件が厳しくなりつつあるが、業務経験などにもより専門卒、短大卒でもビザはでてはいるようだが、あまり楽観視できない状況、随時最新情報の確認をお願いしております。

○詳細をまとめたものがあるので、JACまでお問い合わせください○

Q:貴社の扱う求人はどんな求人が多いですか?(業種、職種など)

製造業、営業は常に上位を占めますね、最近の傾向としては職種では経理、総務関連の増加ならびにインドネシア語を求める求人が増えている印象を受けます。

業種としては、建設関連、不動産、ホテル関係が増加、新しい業種として、コンサルティング会社、まだまだ数は少ないですが、IT関連も数少ないですが求人がでてくるようになり
また日系企業と取引のある外資系企業の営業求人も増えてきているように見受けられます。

Q:どんな方からの登録が多いですか?

インドネシアに何らかのご縁がある方、最近の経済発展に伴い興味をお持ちいただいた方、
他国でビザが取得できないため希望される方など、年齢は20代~50代まで幅広く

Q:インドネシアでの生活について教えてください。

食事もおいしく、世界中のお料理が食べれますし、ライフワークバランスがいいのが特徴、
世界一広い日本人会の野球場を有し、ソフトボールの他、サッカー、テニスなどのサークル活動から格安で受けられるマッサージ、接待ゴルフ等、老若男女が楽しめる娯楽があります。夜の街もお酒が飲める場所も安全に遊べるホテルから、地元の方がいくような場所まで幅広くあり、生活面では一般的なシティーライフが楽しめる環境です。
世界遺産のある中部ジャワ・ジョグジャカルタ、有名な観光地のバリ島と国内旅行も楽しめますし、海外はシンガポールまで、1時間とアクセスも抜群なので、祝日の多いインドネシア勤務で週末旅行を満喫できます。

Q:現地の物価水準、治安状況について教えてください。

【例】※11000ルピア=約100円  ※2015年8月現在の場合
▼物価の目安
ミネラルウォーター(600ml): 約30円
缶ビール (350ml):     約150円
タクシー初乗り:         約75円
フードコートでの食事:      約400円

Q:現地での就業について、何が必要だとお考えですか?また、どんな点に注意が必要ですか?

社会人経験、日本人としてのビジネスマナー、最低限の語学力、明るく、素直でやる気があること、接待や人付き合いが好きなこと、現地に溶け込める柔軟さ、インドネシアが好きなこと!

カルチャー面、インドネシア人の方と仕事をすることになるので、宗教への配慮は必須、イスラム教徒が多いので、仕事上でもお祈りの時間など配慮が必要、また一般的なインドネシアの方々は、(報・連・相)報告をしないとされるが、それも彼等の文化からくるものなので、インドネシアのビジネスマナーを知ることも大切

Q:インドネシアで働くメリット、デメリットを教えてください。

メリットは待遇の良さと、インドネシア人の人柄、親日国で働き生活できること、
インドネシア語が取得できること

デメリットは、渋滞にともなう移動の大変さ、インフレのため家賃などの値上がり率が高いこと

Q:インドネシアでの就業希望者へのアドバイスをお願いします。

最初にインドネシアにご興味お持ちいただき、誠にありがとうございます。
インドネシアのみを希望される方を求める傾向にあり、アジアどこでもよいという方は企業に敬遠される傾向にあります。理由としては、渋滞がひどく日本など先進国と比べると暮らしにくい面があり、シンガポール、タイなどと比較されるとほとんど選ばれないので、事前にどこでもいいという方は経験が募集要項にピッタリ合っている場合以外は書類で落とされることが多いです。

インドネシアのみを希望している熱い思いを履歴書に明記する必要ありますので、ぜひ実践してみてください。
実際、アジアならどこでもいいといった方、インドネシアで勤務開始した方は記憶にない程です。
もちろん国を選んでいくなかで、インドネシアを選び活動した方は勤務開始されているので、その限りではないので、ぜひインドネシアを希望して、一緒に海外就職の夢を実現させましょう!
お問合せお待ち申し上げます。

会社名 PT. JAC Recruitment Indonesia
本社所在地 Head Office 
Menara Cakrawala (Skyline Building), 7th Floor Jl. MH Thamrin, No. 9, Jakarta, 10340 Indonesia 
問い合わせメールアドレス japanese.id@jac-recruitment.com
ホームページURL http://www.jac-recruitment.co.id/index-jp.html

海外で働きたい人必見!海外勤務求人の効率的な探し方、ノウハウ公開!

海外で働くといっても、大きく分けて2通りの働き方があります。日本企業に就職して「海外駐在」を目指す方法と、現地企業と直接雇用契約を結ぶ「現地採用」です。

 

1.現地採用を目指す方法

現地採用とは、現地企業とあなたが直接雇用契約を結ぶ形になります。年金や社会保険など、現地企業の取り決めによることとなり、良くも悪くも、すべて自己責任となりますが、自由に海外で働いてみたい人には検討に値するでしょう。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

 

2.海外駐在を目指す方法

日本企業に雇用されながら、本社からの指示で海外勤務を行うのが海外駐在者です。
駐在は、海外経験が得られて、比較的給与も高いことから、目指す人も多いと思います。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

現在、海外展開を行う企業の増加に伴い、駐在候補生を募集する企業が急増していますが、そのほとんどが非公開求人として、専門の転職エージェントが、条件にマッチした候補者に個別にアプローチしているのが実情です。
ブリッジでは、海外勤務を希望する、おすすめの転職エージェントをご紹介しています。下記のエージェントに複数登録して、あなたの経験にマッチした求人のご提案を受けてください。(無料です。)※求人の性質上、新卒の方や職歴の無い方はご遠慮ください。

1位 パソナ

パソナキャリアパソナキャリア言わずと知れた日本最大級の人材会社です。実はパソナはかなり海外展開に力を入れている企業で、北米、中国、香港、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、シンガポール、インドに拠点を持っています。

特にコンサルタントのアフターフォローが好評で、海外に精通したコンサルタントが、企業情報を紹介するだけでなく、その他ビザ情報や生活情報をご提供し、サポートしてもらえるのが特徴です。私の周りでも、パソナで転職成功したグローバル人材も多く、個人的には、非常にお勧めのエージェントです。

パソナ公式サイトはこちらから

2位 ビズリーチ

BIZREACHBIZREACH日本でのハイクラス人材の転職支援の先駆けで、海外経験者のマッチングではトップクラスの実績を誇るサービスです。
それだけに、職歴や外国語のスキルは厳しく見られます。
年齢層で言うと、30代後半からベテランまでの海外勤務経験者が対象のサービスになりますので、海外経験のある人は是非登録してみてください。即戦力が期待されるエージェントですので、逆に、新卒〜20代の若手の方にはハードルが高いかもしれませんが、海外経験のある人には、管理人が一番お勧めするエージェントです。

ビズリーチ公式サイトはこちらから

3位

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト現地工場長だった方や、技術者・エンジニアの方は・・・
海外勤務経験豊富なエンジニア系の方には、エンジニア専門の「メイテックネクスト」がお勧めです。技術系の案件が非常に豊富で、特化していますので、コンサルタントも業界を熟知した人が対応します。ご自身の経験や知識を、よく理解して、希望にマッチした案件の紹介が受けられます。

メイテックネクスト公式サイトはこちらから


▼新着求人

グローバルキャリア
転職ノウハウ

海外転職エージェント
活用方法

国別転職お役立ち情報

国一覧


ブリッジ編集部Presents就職・転職コンサルタントに聞く海外への就職(対談:小寺良二氏)

海外求人、海外就職、中国求人(上海・香港・広州・北京・大連・香港・台湾等)等、国際派人材の仕事情報専門の求人サイト・ブリッジ

<求職者の皆様にお願い>
ブリッジに掲載されている求人情報は、求人掲載企業に対して求人情報に虚偽がないようにお願いはしておりますが、掲載内容の全てを保証するものではありません。労働条件・待遇等については、ご自身で企業に十分確認されることをお願い申し上げます。